USBメモリを紛失しても中の情報を漏洩させないようにするためには

セキュリティ対策プログラム内蔵のUSBメモリを使う

会社から仕事を持ち帰って家でやろうというとき、USBメモリに顧客データなどを入れて、そのメモリを紛失してしまい大規模なプライバシー漏洩のつながってしまったという事件が後を絶ちません。そのため、社内のパソコンに保存されている業務データをUSBメモリにコピーすることを禁止する会社が多いですが、個人で仕事をしている人がやむを得ずUSBメモリに業務データを保存するというケースもあるでしょう。
では、USBメモリからデータが漏洩することを防ぐことはできないのでしょうか。実は、セキュリティ対策プログラムつきのUSBメモリであれば、万が一、紛失したとしても漏洩を免れる可能性が高いです。したがって、仕事でUSBメモリを使う場合は、必ずセキュリティ対策されたものを選ぶといいでしょう。

できるだけ複雑なパスワードを使う

USBメモリのセキュリティ対策とは具体的にどのようなものかというと、大きく分けて二種類あります。まず、USBメモリ内のファイルにアクセスする際、特定のパスワードを入力する必要があるというものです。次に、USBメモリに保存されたデータをすべて暗号化するというものがあります。
データを暗号化する方が安全性が高いように思えますが、実は両者のセキュリティリスクはそれほど変わりません。というのは、両方ともパスワードを知られてしまうとデータを見られることになるからです。
したがって、できるだけ人に推測されない複雑なパスワードを用いるようにしましょう。

機密文書がデータとして入っているディスクやUSBは、パスワードをしっかりとかけ、金庫などで保管することが望ましいです。