事業継承をスムーズに行うためには交代劇を迅速にする!

事業継承は劇的に行うといい

事業継承は会社にとっては大きなインパクトになる可能性が高いです。そのため失敗すると、社内に派閥が生まれるなどの悪い影響が出るかもしれません。そうならないためには電光石火で交代劇をしてしまいます。あっという間の交代劇であれば、反対の声を抑える効果も期待できるでしょう。反対しようにも交代の事後説明であれば、納得するしかなくなります。そのためには社長や幹部が全て入れ替わっても、磐石な体制を作っておく必要はあります。トップが変わっても社内に大きな混乱を作らないような社内体制を、事前に作り上げておくのです。

幹部は全て交代する流れを作る

事業継承で難しいのが、どこまで代えるかという問題です。トップが交代するのは一般的ですが、本来であれば幹部も代わった方がその後の流れはスムーズになります。新しい体制になったら古い幹部は重鎮になってしまいます。そうなると新体制への移行が遅くなるでしょう。幹部も一緒に変わると新体制は心機一転で活動を開始できます。残りたい幹部には顧問やアドバイザーなどの席を用意して、経営からは離してしまうのも一つの手段です。新しい門出に不協和音を出さないように考慮した事業継承が重要です。

体制を迅速に整えることが大事

事業継承には時間がかかることが多いです。しかし、その間に問題が持ち上がらないとは限りません。事業継承中だから問題に対応できないというのでは、社内には不安が広がってしまいます。体制は事前に万全な準備をして、迅速に整えてしまうことが大切です。

事業承継とは会社の事業を後継者に引き継ぐことを言います。大きな企業でも使用されますが、同族会社等のオーナーが信頼できる後継者に自分の事業を譲り渡す場合に使われる言葉です。