社員研修は人気の会社に委託する!?でもそれでは社員が満足しないかもしれない!

社員研修は講師によって評価が左右される

企業が社員研修をする際に、外部の研修会社に依頼することも多くあります。研修をおこなう会社も多くあるため、どこの会社に依頼するかで悩むことも多いです。世間一般に名前の通った会社であれば安心して依頼できるように思われがちですが、日本全国をひとりの研修担当者が走り回るのではないため、場所によっては期待外れの内容であったということもあります。その多くの原因が研修の講師の質であったり、個性であったりすることが多いです。基本的に実施されるメニュー内容は全国各地で同じであっても講師によって、その研修の評価が大きく変わることも多いです。

社員研修の進め方も大事

また社員研修の中には、講師の方から一方的にお話をするというスタイルもあります。受講している社員は座って聞いているだけなので、中には途中で居眠りをしたりするケースもあります。そのため研修の進め方も、受講する社員も手を動かしたり、作業をしたりと参加するスタイルの研修も多くなっています。座って聞いているだけではなく、話し合ったり、図に描いたり、発表したりと自らが行動をして講義内容を体現していくスタイルも多くなっています。

自社に合った研修を探すこと

社員を育てるための社員研修ですが、どのような担当者がそのような内容のものをどのように進めていくのかによって、社員に響く内容の研修であったかどうかの評価が大きく変わってきます。他社で人気だった研修であっても、自社でやった場合にも同様な評価が得られるとは限らないのです。実施する前に研修の内容や進め方を確認すると同時に、どのような人が講義をしてくれるのかまで考えて、できれば選択して依頼した方が自社により合った社員研修が実現できると思われます。

実は管理職研修のほうが重要です。新人研修をするのはほとんどの場合管理者ですから管理職の人達に研修を行う方が効率的です。