どんなやり方が良い?社内SNSで企業内を活性化する方法とは

メリットをはっきり伝えること

社内SNSで企業内を活性化するには、はっきりとしたメリットを社員へ伝えることが大事です。なぜこのシステムを使うのか、企画の段階から考えておく必要があります。機能を最低限に抑えれば、初めてSNSを利用する人もわかりやすいはずです。ログインしたときの画面もなるべくシンプルにまとめておきます。すぐに全員で始める必要はないので、まずはある程度の人数で情報を交換してみましょう。

実名公開なら発言に責任を持ちやすい

ニックネームでの参加は気楽に使えるのが魅力ですが、誹謗中傷などのトラブルが発生しやすくなってしまいます。実名公開にすれば、発言に責任を持ちやすくなりトラブルも減らせるはずです。

招待制なら広がりも期待できる

招待制なら付き合いでの加入もなく、人脈もつながりやすくなります。参加の強制は行わず、あくまで自主的な利用に任せることも大切です。特別な告知をしなくても、口コミで広がっていくことも期待できます。

コンテンツは出来るだけ制限を行わない

社員が発信するコンテンツは、会社ではなく読み手の価値観で判断してもらうことが大事です。事業と関係ない話でも、人間関係を作るきっかけとして役に立つことがあります。社内SNSは限られたコミュニティなので、運営側で厳しく制限を行う必要はありません。

リアルな付き合いに反映できる

社内SNSでのやり取りはそのままリアルな付き合いに反映できます。会社や仕事について話すのはもちろん、オフの情報を共有したい場合にも最適です。社員が投稿しやすい雰囲気を作れば、企業内の活性化にもつながりやすくなるでしょう。

社内SNSとは社内のメンバー専用で円滑でスムーズなコミュニケーションを取れるようにしたソーシャル・ネットワーキング・サービスです。