新しい勤怠管理の方法が誕生!タイムカードアプリの有効活用

タイムカードアプリの仕組みについて

タイムカードアプリとは、スマートデバイスに対してアプリを埋め込むことによって、社員の出退勤を楽に管理下に置くことができるシステムです。 大まかに分けると、勤務場所に存在しているタブレットのアプリを利用することによって打刻するやり方と、社員のスマホ上のアプリによって打刻をするやり方があります。 前者に関しては、ワンタッチの状態で打刻可能なもの、顔認証によってのものなどがあります。 後者に関しては、GPS機能を活用し勤務場所の滞在している時間を記録するもの、スマホが親機の前を越えることで打刻されるタイプなどがあります。 社員全てのスマホにアプリを埋め込むことが求められるため、幾分組み入れのハードルが高いといえます。 さらに、給与計算との協働で、時給や日給、さらに月給それから、交通費といった手当等、社員毎に設定できるものもあります。したがって、給与計算に活用できます。

導入するにあたってのキーポイント

導入することを考えるにあたり、タイムカードアプリを利用することによってどういったことができるかを理解することが重要になります。 簡単なものでは、出退勤のレコーディングだけのものもありますが、給与計算と協働出来るものが重用されています。ですから連携に関する機能の有る無しを確認しておくことが大切です。 それに加えて、自分の会社にピッタリ合う機能があるのか否かはキーポイントとなります。 店の場合は、社員は規則通りの所に出勤するため、どういったアプリでもフォローできるでしょう。 営業社員、あるいは派遣社員にあたっては、営業先であるとか派遣先に対する直行直帰も見られますから、GPS機能有りのタイムカードアプリを活用する必要があります。

従来のタイムレコーダーでの賃金計算は非常に手間がかかりました。タイムレコーダー アプリを導入すれば、手軽て正確に集計ができ労務費の削減ができます。