倉庫で働ける業種は何があるのでしょうか?

物流企業で働く事が出来ます

日本にある巨大倉庫群は、港湾近く・国際空港・乗降の多い国内空港・郊外の高速道路沿いに設置されている事が多く、それらの倉庫は、大手物流企業・宅配便事業者・大手ECサイト事業者・大型小売業等の企業が利用しています。新規採用を行う場合は、一度に数十人~数百人単位を雇用しますので、地域雇用の拡大に努めており、正社員・契約社員・パートタイム・アルバイトといった形態で働く事が出来ます。倉庫内の仕事は、在庫管理・配送車両への積み込み・ECサイト顧客への発送作業を始めとして多岐にわたっています。

大型倉庫が郊外・港湾・空港に立地する理由

大型倉庫が郊外・港湾・空港に立地する理由は、環境によってやや異なるものの、大規模な土地を確保出来る・安価に土地を買える・駐車場を整備すれば雇用者を確保出来る点があるからです。尚且つ、これらの倉庫が立地するエリアは、人口の多いエリアに行く事が出来る高速道路・郊外を結ぶ環状道路が開通している点や、効率的に全国各地に物を運べる点も魅力となっていて、高速道路は一般道路と比較すると、混雑が少なくて低コストで物を運ぶ事が出来ます。

フォークリフト免許を持っている事がおすすめです

倉庫業は、大量の荷物を管理する必要がありますので、庫内は機械や車両が大活躍していて、その中でも1度に大量の荷物を捌けるフォークリフトは必要不可欠な存在です。倉庫業で働きたい方は、フォークリフト免許を持っていると採用されやすくなっている事から、興味がある方は応募前に取得しておく事をおすすめします。

3PLは物流費の削減効果があります。例えば商品の輸送では、請負業者は自社の商品だけでなく、積み込める他社商品も合わせて輸送します。トラック1台の料金は一定なので、積み込んだ分だけ費用が掛る仕組みです。