こんなにある!会社で使えるタイムレコーダーの種類

勤怠管理にタイムレコーダーを使おう!

勤怠管理に有効なタイムレコーダーですが、様々な種類があります。昔ながらの紙へ打刻するタイプやデジタルに対応したものや、パソコンと連携してデータをやり取りできるなど便利な機能が搭載されたタイムレコーダーまで登場しています。紙へ打刻するタイプは後で集計してデータを作らなければなりませんが、パソコンと繋げる事ができるタイムレコーダーでは専用のソフトを利用してデータをやり取りできます。誰がいつタイムレコーダーを利用したかデータをまとめてあるので管理しやすくなります。タイムレコーダーを利用すれば勤怠管理が管理しやすくなります。

デジタル化するタイムレコーダー

タイムレコーダーにタブレット端末を利用したものが登場しています。アプリを利用して打刻するのですが打刻方法は画面をタップするだけの手軽さで、生体認証技術が使われているものもあります。なので、不正に打刻をしてもバレてしまうのです。管理も簡単で、データを送受信することでパソコンと連携できます。表計算ソフトのファイルにして出力する機能が備わっているアプリもあるので導入する時は機能面をよく見ましょう。導入には無料で使用できるアプリもありますが、規模やアプリによって有料になることもあります。

また、アプリを利用したタイムレコーダーでは様々なメリットがあります。不正防止もその一つですが、例えば出張先から打刻することができます。本社へ打刻のために来社する必要がなければ、出張先でいつから仕事をしていたかを管理することができるのはアプリならではの強みです。

タイムレコーダーを選ぶ際には、電波で自動で時刻修正をしてくれるタイプのものを選ぶとよいでしょう。専用のタイムカードも一緒に購入しましょう。