なんでもできて当たり前?便利屋の営業内容を理解しよう!

便利屋の仕事は日常生活の手伝いが多い

便利屋はなんでも屋やよろず屋と称されることもあります。営業内容について明確な定義は無く、文字通りなんでも行うのが便利屋の特徴です。しかし、車両の運転や機械操作などの作業はそれぞれに該当する免許や資格が必要になるので、便利屋によっては受け付けていないことがあります。また、違法行為も当然ですが依頼することはできません。便利屋の多くは敷地内の掃除や買い物といった、日常生活における軽作業を有料で代行するのが主な仕事となっています。料金の支払いについても便利屋によって仕組みが異なるので、利用する際には事前の確認が不可欠です。仕事の内容によっては専門業者に依頼するより安く済むこともありますが、専門職では無いので仕事の質は必ずしも良いとは限らないと割り切ることも大切です。

信頼できる便利屋の見分け方について

便利屋の仕事は依頼者のプライバシーに関わるものも少なくありません。住宅の掃除や設備の修理といった作業を行うこともあるため、必然的にプライベートな空間に出入りをすることになります。仕事とはいえ第三者が出入りする形になるので、信頼できる便利屋を選ばなければいけません。便利屋の良し悪しを見分けるには仕事の質もさることながら、作業に従事する人の人間性に注意する必要があります。仕事と関係の無い事柄を根掘り葉掘り聞いたり、住宅の内部をしきりに観察するような人は避けるのが賢明です。また、便利屋の仕事は依頼者の個人情報に触れる機会もあることから、プライバシーへの配慮が行き届いているかどうかも良し悪しを見分けるポイントになります。

高齢化社会に於いて便利屋は貴重な存在です。怪我や病気により外出が困難な高齢者だけでなく、主婦層も家事や掃除などを負担してもらうことにより育児に専念できたりなど、家族の時間を増やすことにも繋がります。